So-net無料ブログ作成

気持ちはわかるけど、楽天イーグルスファンに喝! [スポーツ]

楽天イーグルスは昨日、延長12回の末、3-4で埼玉西武に敗れました。

決勝点のホームを踏んだのは、横浜から西武に移籍したばかりの渡辺直人選手です。

12回に渡辺選手が登場したとき、球場全体から大拍手が起きたようです。

気持ちはわかります。

渡辺選手は横浜の前は楽天にいて、ミスターイーグルス的な存在だったからです。

拍手を送った多くの楽天ファンはほとんど反射的にやってしまったんでしょうね。

また直人がKスタに戻ってきた、みたいな感じで。

私だってその場にいたら拍手喝采をしていたかもしれません。

でもこれに対し星野監督は「腹が立つ」とコメントしています。

そりゃあ腹が立ちますよ。

点差が大きく開いた捨て試合の雰囲気だったら相手チームの選手への拍手もわかりますが、1点を追っている延長戦ですからね。

星野監督はファンにも一緒に戦ってほしいんですよ。

ただの試合観戦者じゃなくて、同じチームのメンバーのような感じで。

星野監督は本気で優勝を狙っています。

だからファンに対しても選手に対するのと同じようにモノを言います。

試合を観に来てくれてありがとうじゃないです。

一緒に戦ってくれなんです。




nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。